Simoneさんのご紹介

 

シモンさんは、ミディアムシップの能力において、世界中のどのミディアムにも負けないと思うほど、たいへん優秀な方です。

また、講師としても経験豊富で素晴らしく、多くの現役ミディアムもシモンさんを慕って、習いにやってきます。

2018年1月、シモンさんが日本にやってきます。ぜひ、皆さんもシモンさんにお会いになってみてください。

*Minister Simone Key*

 Simone さんは、卓越したミディアムシップの能力と、講師としての的確なアドバイス、厳しさのなかに優しさを秘めたそのお人柄で、世界中に多くのファンを持つ、国際的なミディアム(霊媒)/チューター(講師)です。

 

本国の英国では、SNU(The Spiritualists' National Union/スピリチュアリストの団体・教会)のミニスター(牧師)、任命講師として、また、パブリック・スピーキング(講演者)、及びスピリチュアリスト教育の資格を持ち、活躍しています。

Simoneさんは、現在、SNUのミディアムシップおよびサイキック能力の教育機関である、AFC(The Arthur Findlay College)のチェアマンを務められています。

 

日本に対して非常に親近感を持たれていて、2013年6月にAFCで史上初の日本人向けコース“Japanese Week”を開設され、その後、毎年続いています。そのコースの開設にあたってはSimoneさん自らが大変ご尽力され(光栄にも私も手伝わせていただきましたが)、それ以来ずっとコース主任教官を務められています。

日本と日本のみなさんのことをたいへん気に入ってくださり、私たちの友人として来日していただけることになりました。

 

Simoneさんは、おばあさまから続く霊媒の家系に生まれ、子どもの頃から不思議な能力はあったそうですが、20代のころはその能力を避けて普通の生活を送っていました。しかし、霊界からのメッセージを度々受け、訓練ののち、ミディアムの仕事に就くことになったそうです。

 

霊的な現象や考え方には、いまだに誤解も多いことから、Simoneさんは、それらの神話・謎、そして一般的に思われている“霊は怖いもの”という誤解を払拭させたいと考えています。

彼女は、霊界やミディアムシップ(霊界通信)というものは、日々、進化向上しているものであり、それに伴いミディアムも常に向上していくべきであるといつも言っていて、旧態依然としているミディアムやミディアムシップのやり方にはいつも警鐘を鳴らしています

 

Simoneさんは、ミディアムから良いエビデンス(霊界通信の信憑性を示す証拠)が与えられると、人々の人生を変え、このことが人々に与えるインパクトを認めざるを得なくなるだけでなく、ミディアムシップというものの責任を理解することができるとおっしゃっています。

 

人々が、自分とはどのような存在であるかを理解する手助けをし、同時に自身の繊細さや霊性を開発しながら、世の中をより良い場所にしていくことを可能にすることこそ、シモーネさんが目指しているところです。

 

これまで、Simoneさんにお会いになったことのある方はもちろん、まだお会いになっていない方も、この機会にぜひ本物のミディアムシップに触れていただければと思います。みなさまとの出会いをお待ちしております。     Simoneさんを招聘する会/ 吉田きよみ